じっくりあせらず のんびりまったり - FXの記録 -

FXによる収入アップを目指します。魚屋さんの「くるくるワイド」を参考に取引してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ショートヘッジ

今回も詳しい説明無しです(^^;)
魚屋さんや他にもくるくるワイドをやっている人たちが
すでに詳しく説明してくれていますので…
ということで私からの説明は無し(笑)


まずはショートヘッジを行うために理解しておくべきこととしては
本体ロングとショートトラップが以下2つを満たすようになっていると
全決済時のマイナスは無いこと。(スワップ考慮せず)
 ・ショートトラップのポジション数が本体ロング数を超えない
 ・ショートトラップのポジションの本数が本体ロングと同じ本数になったとき、
  ショートトラップのポジションの平均値が本体ロングの平均値以上になっている

本体ロングの平均値以下のショートトラップのポジションがなければ
上昇して本体ロングと同数のショートトラップを持った時が
一番の含み益になります。
その含み益を前借りするイメージで使い、ショートトレードをして下落時に備えます。
大きな下落に弱いくるくるワイドの弱点を補うトレードです。
これがショートヘッジ。
という認識で私はいます。

(ショートヘッジにせずに、そのぶんトラップを上に仕掛ける戦略もあります)



ショートヘッジをするときに気を付けるのは全決済時にマイナスにならないようにすること。
そのためには本体ロングとショートトラップが同数になるときの含み益はいくらか、
また、同数になる値段は現在値からいくら離れているかを考えてポジション数を決めます。


「全決済時にトータルで負けないトレード」なので裁量苦手な私でも
遠慮なくトレードできます。

トータルでの利益を残したい場合はポジション減らしてもいいと思いますし、
全力でショートヘッジを持つのに不安があるときは分散したりもしています。

決済目安は10pips。状況によってはもっと広げます。
それぐらいならすぐ引っかかってくれそうなのですが
長いこと決済できないことも多いです…
裁量下手…

そんなときは
上げて全決済でも負けないし、下げれば決済して利益になる
いうことを忘れずに上昇も下落も気にせずにいます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。