じっくりあせらず のんびりまったり - FXの記録 -

FXによる収入アップを目指します。魚屋さんの「くるくるワイド」を参考に取引してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

塩漬けを盾に

時間があるときはよく魚屋さんのブログを見ています。
基本的なことは理解していますが、すべての記事内容を理解しているわけではありません。

最近ようやく理解できたのが
ヘッジやピンポンが塩漬けになったときに
高速で複利を建てること。


理解できたのは塩漬けのショートヘッジなんとかならないかなと思ったのがきっかけです。

ちゃんとリスク管理されていればくるくるワイドのトータルではマイナスにならないし
下落時の保険として受け入れることもできるけれど。

だけどショートヘッジはそれなりに大きいポジションで動かしていることが多いし、
ガンガン利益を出してほしいんです。

塩漬けのままゴールに達したときのショートヘッジの損益って結構大きいですよね。
しかもマイナススワップもついてる。
ゴールまでこの損益を覚悟して見ているだけなのか…(もちろんそれでもいいんですが)


そんな考えの中、塩漬け時の高速複利について書かれた記事を読んだら
すっきりと理解できました。
自分で経験してから読むと理解度が違うなぁ。


例えば普段は85円目安(85円で損切)で複利ロングとします。
今92円とするなら1000通貨持つために7000円の利益が必要。

でも実は91円で取得したショートヘッジも持っています。
そんなときは複利の目安を90円にしてみましょう。
1000通貨の複利ロングを2000円で建てれます。

この複利でスイングトレードやピンポンをして利益をだしていきましょうということです。
通常の複利よりも損切されやすいのでスイングとかでこつこつ利益をだしたほうがいいと思います。

複利の目安が浅いから損切の不安はありますが、その前にショートヘッジが決済されています。
ショートヘッジでも利益を出せる状態になっているんです。
(ショートヘッジが決済されて、複利損切前に上昇してくれたら最高です。)

ショートヘッジで利益を出す前に損切されたとしても、
「塩漬けになっちゃったなぁ」と思ってからのトラップ利益で建てているはずなので
失うとしたらその利益。
利益分で建てた複利なのでトータルではマイナスになっていません。

損失どころかもっと利益が出てる状況だって望めます。


これをやるかやらないかは
トラップ利益を守りながら塩漬けを見守りながらのゴールを覚悟する達か、
塩漬け後のトラップ利益を担保にして利益拡大を狙うかの違いですね。


これでヘッジが塩漬けになった場合でも楽しめそうです。
月利5%を目指すためにもこういう部分をうまくやれるようになりたいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。