じっくりあせらず のんびりまったり - FXの記録 -

FXによる収入アップを目指します。魚屋さんの「くるくるワイド」を参考に取引してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ショートヘッジ

今回も詳しい説明無しです(^^;)
魚屋さんや他にもくるくるワイドをやっている人たちが
すでに詳しく説明してくれていますので…
ということで私からの説明は無し(笑)


まずはショートヘッジを行うために理解しておくべきこととしては
本体ロングとショートトラップが以下2つを満たすようになっていると
全決済時のマイナスは無いこと。(スワップ考慮せず)
 ・ショートトラップのポジション数が本体ロング数を超えない
 ・ショートトラップのポジションの本数が本体ロングと同じ本数になったとき、
  ショートトラップのポジションの平均値が本体ロングの平均値以上になっている

本体ロングの平均値以下のショートトラップのポジションがなければ
上昇して本体ロングと同数のショートトラップを持った時が
一番の含み益になります。
その含み益を前借りするイメージで使い、ショートトレードをして下落時に備えます。
大きな下落に弱いくるくるワイドの弱点を補うトレードです。
これがショートヘッジ。
という認識で私はいます。

(ショートヘッジにせずに、そのぶんトラップを上に仕掛ける戦略もあります)



ショートヘッジをするときに気を付けるのは全決済時にマイナスにならないようにすること。
そのためには本体ロングとショートトラップが同数になるときの含み益はいくらか、
また、同数になる値段は現在値からいくら離れているかを考えてポジション数を決めます。


「全決済時にトータルで負けないトレード」なので裁量苦手な私でも
遠慮なくトレードできます。

トータルでの利益を残したい場合はポジション減らしてもいいと思いますし、
全力でショートヘッジを持つのに不安があるときは分散したりもしています。

決済目安は10pips。状況によってはもっと広げます。
それぐらいならすぐ引っかかってくれそうなのですが
長いこと決済できないことも多いです…
裁量下手…

そんなときは
上げて全決済でも負けないし、下げれば決済して利益になる
いうことを忘れずに上昇も下落も気にせずにいます。

スポンサーサイト

PageTop

20131030 取引状況

AUD/JPYでのくるくるワイド
本体ロング     92円で3万通貨
ショートトラップ トラップ幅0.2円、1000通貨、500円利確
         89.2~96.8円にトラップ張ってます(下のトラップポジションを持ったら上を取り消します)
          91.2~93.4円で12本所有
ショートヘッジ   91.2円で1万通貨所有中
全決済予定 97.0円


24日から今までで6本のショートトラップを利確できました。

トータルで16回なので8,000円。(スワップ考慮せず)

そろそろ複利ロングかなぁ。
複利ロングをちょっと復習してからにしよう。

PageTop

ショートトラップ

※自分なりの解釈や手法のメモです。しかも大雑把に書いてます。
 これからくるくるワイドを勉強される方には混乱のもとになるかもしれません(笑)

「ショートトラップ」

本体ロングだけだと下落時にはただ耐えるだけになるので、売りのトラップを。
トラップの範囲内で上げ下げしてくれたらトラップが利益をもたらしてくれます。

私は本体ロングの平均値より上に同じ本数、下に半数を仕掛けるのを基本にしています。
下のポジションが1つ持てたら上のを1つ取り消して本体ロングの本数以上を持たないようにします。
短時間のうちにすごい幅の急落からの急上昇しちゃったら対応しきれませんけどね(笑)


ショートポジションで気を付けることは(複利運用とかを考えない場合だけど)
・本体ロングの本数を超えないこと
・ショートポジションの本数が本体ロングと同じ本数になったとき(決済タイミング時)、
ショートポジションの平均値が本体ロングの平均値以上になっていること。


本体ロングだけのときは上昇時に強く、下落時にはスワップもらいながら耐えるだけ。
ショートトラップを追加することで上昇時の利益は減るけれど、
レンジ相場や下落時に利益を出せるようになりました。
トラップの範囲内であればのんびり構えていられますね。

トラップの上限に達したらすべて決済するだけ。

下限に達したらトラップ幅を広くするか
ロングを追加して(もしくは仮想建値で)トラップを増やすかで対応。


トラップの幅と利益幅はみなさん悩むところじゃないでしょうか。
私は今は0.2円幅のトラップで500円利確でやってますが、
本当はもっとトラップ幅を狭くしたい…

本体ロングが3万通貨なので、
トラップ0.1円幅だと3円分のトラップになるので0.2円にしてます。

利確幅はある程度広いほうが利益はいいらしいけれど、
・トラップの利益を複利に使うこと
・相場の細かいうねりを利益にすること
・利幅が広いと決済できずにつまらない時期が長いこと(笑)
を考えるとそんなに広くないほうがいいみたいです。


相場の状況によって利幅をかえたりトラップ幅を一部分狭くしたりできたらいいですよね。
相場読めないし、手間をあんまりかけたくないから多分やらないけれど(^^;)

たくさん手間をかけたらブログのタイトルに反します(笑)

PageTop

本体ロング

前にも書きましたが魚屋さんが公開している「くるくるワイド」で取引をしています。

自分の考えをまとめるために記録していきます。
※自分なりの解釈です。

「本体ロング」

スワップ運用をするぐらいのゆったりしたポジションを持ちます。

ポジションは一気に持ってもいいし、分散してでもOK。

私は基本的に分散です。
トラップの下限にきたときに本体ロングを追加することで本体ロングの増大と平均値を下げることができます。
そうすればトラップも下に伸ばせます。

あまり私の投資金額が大きくないので、
取引開始して一気に下落してしまうとトラップが弱くなってしまうのでその対策です。

追  加の本体ロングを持つ前にトラップの上限に達した時にも
追加で持ってトラップを上に伸ばします。
本体ロングの平均値は上がっちゃうけどね。


本体ロングについてはこれぐらいかなぁ。
あんまり難しく考えてません。
過去最安値とかレバ3倍ぐらいを目安に考えてます。

PageTop

20131023 今日の取引状況

今はくるくるワイドで取引しています。

AUD/JPYでやっていて
本体ロング   92円で3万通貨
売りトラップ  トラップ幅0.2円、1000通貨、500円利確
89.2~96.8円にトラップ張ってます(下のトラップが成立したら上を取り消します)
        91.2~94.0円で15本所有
売りヘッジ   91.2円で1万通貨



ここに至るまでにあったことは
10月7日に91円になると思って91円2万通貨買い指値。
それに合わせたトラップを張りました。
さらに91円目指して売りヘッジ。

残念ながらものすごく惜しいところで91円になりませんでした(笑)
92円に上がったところで3万通貨買い、91円指値は取り消し。

本当は91円で2万通貨、トラップの上限か下限で1万通貨追加しようとしたんですけどね。
買いから入らず売りのトラップ、ヘッジから始めたのは
くるくるワイド初心者ながらよくやったなぁと思ってます(笑)

始めたときから今日の朝までトラップの利確ができたのはわずか2本。

今日は8本利確になりました☆

トラップでの利確は合計5,000円です。(スワップは除く。)

PageTop

はじめまして

FXの記録や考えを記録する場所、
FX仲間を見つけ交流できる場所になればいいなと思って始めました。

よろしくお願いします(^^)

最近は「くるくるワイド」を参考に取引してます。
くるくるワイドを知らない人は魚屋さんのブログを
http://0141swap.blog45.fc2.com/

何度も何度も読んで、自分なりに理解できた方法で取引始めました。
実際にくるくるワイドでの取引はまだ始めたばかり。


基本的にはあまりレバレッジを上げずのんびりとトレードするのが好きです。
ハイレバで何度か痛い目見てます(´д`)

一気にでかい利益を上げられたら嬉しいけど、
自分にはそれを続けることはできないので
少しずつでもゆっくりあせらずじっくりまったりと続けていいなと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。