じっくりあせらず のんびりまったり - FXの記録 -

FXによる収入アップを目指します。魚屋さんの「くるくるワイド」を参考に取引してます。

グルグルトレイン実践中

何かおもしろい手法がないかなと調べて見たのがゴールデンウィーク頃。
それで知った「グルグルトレイン」

簡単に説明すると
1万通貨の買いまたは売りポジション。これをサポートと呼ぶ。
サポートが買いなら上、売りなら下に1000通貨10個の買い注文と1000通貨10個の売り注文。これを子本体と呼ぶ。

子本体は10pips幅の注文で50pipsの利益で決済。
利確されたらまた同じ注文。
手作業でされているみたいです。


実践するにあたり、子本体はトラリピで行ってます。
あまり時間がとれないのと、そんな状況で手作業で注文したらミスするのが目に見えてますからね(^^;)

子本体の注文幅や利確幅も上記のが推奨されてましたが資金とか通貨で変えるべきだと思うので、
資金少なめな私は20pips幅での注文。
50pipsでの利確、豪ドル円で取り引き。

やってみての感想はまた書きます。
悪くないと思います。

スポンサーサイト

PageTop

ご無沙汰です

お久しぶりの更新です。
ブログの存在もほぼ忘れておりました。

fxはくるくるワイドで今も続けてます。
ドル円120円あたりで本体を建てて90何円まで下げてっていうのもありかなりの長期戦を(^^;)
2年くらいやってるかな。
利益は出てるのでスワップもらいながら、トラップにも動いてもらってのんびりやってます。

それに加えて最近トルコリラ円でも少しの額ですがくるくるワイド始めました。
スプレッド狭くないし、売りのマイナススワップ金額もバカにならないので本体とトラップのみではじめてみました。

以前はトラップトレード用にMT4使ってましたが、レンタルサーバーが止まってるということが数回ありました。
基本放置だったため、そこそこの期間の利益を取り逃してしまったのでMT4はやめてトラップはM2Jのトラリピでしています。
コストはかかるけど必要経費だと思ってます。

私自身の環境もかわりました。
システムエンジニアから転職。
飲食業で働いてます。
拘束時間も長くなり体力も使うし、なかなか大変ではありますが目標もって頑張ってます。
fxにかける時間も減ったので尚さらのんびりまったりやってます。

PageTop

第8回目終了

トラップの下限まできてヘッジトレードができなかったので
トラップの利益を使って行いました。

12000円を使ってのショートヘッジ。
ちょっと欲を出して10000通貨で取引してたら塩漬けになり、
さらに損切りしなければならないところで損切りのタイミングを逃し、(注文入れ忘れ)
そのままゴール行っても利益残るし、その前に下げるだろうなんて考えてたら
ほぼ下げずにゴールイン…

その結果、1000円ぐらいの利益で終わってしまいました…

PageTop

あっさりとトラップ幅変更

トラップ幅0.05円で設定していた今回のくるくるワイドですが1日で設定変更になりました(笑)

木曜夕方くらいにトラップが全て決済されていて、
そのときはまた上げるかもしれないし時間もないしということで放置。

その後上げてまた少しトラップポジション持って、下落して全て決済。

金曜朝に0.1円幅に変更しました。

もう少し0.05円幅で楽しみたかったな(笑)
1日で12000円のトラップ利益になりました。


トラップ幅変更にあたり、
固定ショートを決済して
本体120.25円を仮想建値120.05円に。

しかしもうトラップの下限にきてます。
なのでヘッジもできず、固定ショートももうない。

つまり下げには弱い状態です。

0.05円幅のトラップの利益を使ってショートヘッジをしようかなと思ってます。

PageTop

第7回目終了と8回目開始

上値が重そうと書いたばかりでしたが、一目均衡表の雲はすぐに抜けてしまいました。

そして昨夜、約定したトラップ数が本体数を上回ったところで全決済しました。
複利ロングがあったのでもう少し上げてからでもよかったけれど。

第7回目の利益は35,000円くらい。
2週間でこれは私にとっては上出来です。
複利ロングの損切りにあわなかったし、トラップ幅を広げる必要もなかったのでやりやすい相場ではありました。


第8回目は引き続きドル円ロングを本体。
トラップは0.05円幅で仕掛けて500円の利確。

理由としてはドル円が三役好転になっているのでまだあげるかなということでロング。
ドルの一人勝ちなんてことも言われてるし。
一気に上げてきたから戻しそうな気はしてるけど。

トラップをいつもより狭くしてるのは直近の高値を意識して。
回転率上げて短期で利益を出せたらいいなと思います。

PageTop